離れて暮らしているみんなの日常を報告!


by toubukko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

少子高齢化社会と税金

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

お久しぶりでございます。富山が生んだ政策集団 刷新でございます。
大型連休が過ぎ、9月も終わろうとしています。月日が経つのは早いものです。
連休が終わりまたここに来て暖かくなってきましたね。秋の訪れはまだ先なんでしようかね。
c0026846_15385245.jpg
↑とうぶっこが感じる秋の深まりのひとコマ

まぁ、秋も深まってきたのでまた勉強を再開していきましょう。
政策集団 刷新では、少子高齢化の対策を必要としながらも、少子高齢化に社会制度のリフォームを行っていかなければならないと一環して主張してきました。これほどまでに急激な少子高齢化はどの国も体験したことがないのですから、リフォームするといってもたいへんなことですね。

ところで、少子高齢化がもたらす問題とは何なのか?これを改めて考えていきましょう。
最も問題となるのは、財政問題だと思います。社会保障に係る予算が高齢化により増大する一方で、税収が減っていくということですから、国家として体をなしていないといっても過言ではありません。
増大する歳出を税収でまかなえないので、国債を恒常的に発行しやりくりしています。
その国債を買っているのは我々国民であります。その源泉は1,500兆円とも言われる個人金融資産と言われています。よく国の予算を家計を例に説明しておりますが、国債を単に借金という例えをすると、ちょっと私たちが一般にイメージするものと違うかなと思います。
しかしながら、最近その個人金融資産が目減りしているのでは…と言われております。
まぁ、ミクロでみれば仕事がなかったり、職を失ったり…と雇用不安を感じるニュースをよく目にしますからね。マクロでみても高齢者の割合の増えれば目減りしていくのは当然の話であります。
近い将来、国債を買ってくれる人がいない…財政破綻という日もありえない話ではないと思います。
そこで、少子高齢化社会に対応する財政について国民1人1人が考えていく必要があると思うのです。

将来世代にツケを残さないために、私たち刷新は「消費税増税」が必要であると考えます。
あらゆる政策には財源が必要です。あらゆる公共サービスには値段があります。
私たち国民が受ける公共サービスと実際に負担している税金というのは一致しているのでしょうか?おそらく異なります。負担している税金等以上に我々は公共サービスを得ているのです。参考までにOECD諸国の国民負担率を参照。

教育1つとっても、例えば高校の授業カリキュラムを塾で同じボリュームで受けるのと比較すれば一目瞭然だと思います。これは極端な例かもしれませんが道路、社会保障、雇用、警察など様々な分野で比較しても同じような傾向が出るでしょう。
少子高齢化が進み、労働力人口が減少していく中で、このような仕組みは絶対に立ち行かなくなります。厳しい国際競争にさらされる企業に増税を求まられますか?勤勉に働く労働者に増税を求められますか?
誰もが迎える老後を誰もが安心して生活できるように、財源を安定的なものにしていかなければいけません。

財源を生み出す方法というのはいろいろ他にもあると思いますが、公共サービスの受益と負担について国民1人1人考えていくことは大切なことだと思います。
[PR]
by toubukko | 2009-09-26 16:34 | 政策集団 刷新

サブウェイ1・2・3!

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

どうも、とうぶっこの皆さんシルバーウィークをいかがお過ごしでしょうか?
みなさんたいへんお久しぶりです。今はパソコン使える環境がないもので、時々こうして忘れたころに投稿していくんですね。と思いきや…突然壊れていたディスプレイが復活!イエスかお前はと突っ込むオレ!
「とうぶっこブログ」をどうぞよろしくお願いします。
さて、連休中ということで映画に行ってまいりました。
サブウェイ123/激突ですよ。
あらすじは…
1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されたジョン・ゴーディのベストセラーを、トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントンが4度目のコンビで再映画化。冷徹な犯人グループのリーダー役でジョン・トラボルタが共演。ニューヨークの地下鉄ペラム123号が乗っ取られ、犯人グループは乗客を人質に身代金1000万ドルを要求。地下鉄運行指令室に勤務するガーバーは、犯人からの無線を受けたことから、そのまま交渉役を務めることになり……。

私は74年の原作というのは知らないのですが、いやぁ、本当に現代でも起こりえるリアリティがある内容ですよ。9.11後のテロの脅威が市民生活にも及ぶという危機意識を改めて感じましたね。
c0026846_14204427.jpg
↑主演のデンゼル・ワシントンです。この人の映画ははずれがないと思います。普通の一般の社会人が突然武装集団との交渉役に。皆さんならどうします?

犯人役のジョン・トラボルタも良かったですね。もう少しこの2大俳優の交渉シーンがあってもよかったかなと思いますが、サスペンス好きの私としては満足いく作品でした。

ちなみに、タフネゴシエーターの異名をもつ「とうぶっこ」は今頃何をしているのでしょうか。
交渉中…
c0026846_14332271.jpg
らしいです。
いや、はい。
[PR]
by toubukko | 2009-09-22 12:57 | 映画

政権交代

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

日本で初めての本格的な政権交代が実現しました。
民主党を中心とする鳩山政権が本日誕生しましたね。
c0026846_1544084.jpg
↑こちらもスタートダッシュ!ゆけ!とうぶっこブログ
まぁ、今の日本が直面する課題はいろいろありますが、この国の経済成長について多いに語っていただきたいと思いますね。
民主党は政権公約の中でも「内需の拡大」を訴えていましたが、資源もエネルギーもない我が国が、外需依存から脱却するのは並大抵のことではないでしょう。戦後の高度経済成長を支えてきたのは勤勉な日本人が創造する技術ですからね。最近はその人材にもほころびが出てきてるのかもしれまんがね。
内需の拡大が叫ばれて久しいですが、限られた政策資源をどこに集中させるのかしっかり考えていかないといけませんね。まぁ、今回は政権が交代したのですから、新しい切り口で成長戦略を語ってもらうことを期待したいと思います。

世界が一変したリーマンブラザーズの破綻から1年…
アメリカでも共和党から民主党へ政権交代しましたが、オバマ政権の下でもなかなか金融部門での規制改革が進展していないようです。あれだけ苦い経験をしたというのに…
政権批判というのは誰でもできますが、実際に制度を創造していくというこは実にたいへんなことかと痛感させられます。
とにもかくにも、国民が選択した新しい政権の行く末を見守っていきましょう。
[PR]
by toubukko | 2009-09-16 14:37 | 政治・経済

イチローを目指す!

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

久しぶりのETCからの投稿です。最近慌しくなかなか活動できませんが、少し落ち着きましたら再開していきたいと思いますので、よろしくお願いします。汗を流してメタボ対策だ!とうぶっこ諸君!

ところで、大リーグマリナーズのイチロー選手やってくれましたね。そうです、9年連続200本安打の偉業を達成しました。
イチローといえば、オラが中学生ぐらいのときは毎年「富山市民球場」にオリックスが来ていて、よくオリックス戦を観戦したものです。オリックス時代のイチローもまだ目に焼きついていますよ。

そこで、ETCではこの感動を忘れないために「イチロー」を目指します。何?ETCで野球するのか?
いいえ、それは違います。一時、草野球チームの結成も視野に入れてきましたが、断念した経緯もありますからね。無念…

まぁ、毎日コツコツと職人のように継続して何かに打ち込んでいきましょうということですね。
え、例えばどーゆうことですか?って。しょうがないですね。では、我々とうぶっこが取り組んでいる一例を紹介するといたしましょうかね。
とうぶっこの場合1
c0026846_21402564.jpg
↑過去の実例
とうぶっこの場合2
c0026846_2141421.jpg
↑これからの実行しようとすること
とにもかくにも、雨にも負けず風にも負けず…
c0026846_2142739.jpg
↑性根がくさっているとうぶっこは負ける?

オレたちとうぶっこも目標もって生きていこうぜ!
[PR]
by toubukko | 2009-09-14 21:17 | ETC
きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

皆さんこんばんは。いかがお過ごしでしょうか。それにしてもだいぶ涼しくなりましたね。秋の訪れが一歩一歩近づいてきているのかなと感じる今日このごろであります。
とりあえず映画観てみてきたのでナビしますので、よろしくね。
20世紀少年 最終章またか?ってやっぱり第1章観ちゃったら最後まで見てしまいます。完全に戦略はまってしまいました。
まぁ、これまで何度かストーリーについて触れてきましたので、簡単にストーリーだけ触れておきましょう。
c0026846_2191385.jpg

“ともだち歴3年”(2019年)。世界は「世界大統領」として君臨する“ともだち”に支配されていた。殺人ウィルスが蔓延した東京は聳え立つ壁により分断され、都民の行動は完全に制限されていた。“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち。荒れ果てた新宿でオッチョは反政府組織として武装蜂起する氷の女王・カンナの存在を知る。そんな中、“血の大みそか”以降、行方が分からなくなっていた“あの男”も遂に…! それぞれの想いとは別に着々と近づく新たな絶望。“しんよげんの書”には何が描かれているのか? “ともだち”の計画とは? 全ての真実が今、明らかになる…
というわけで、映画の最後は原作と異なるようなので、原作を読まれた方も楽しめるかもしれません。まぁ、とにかく主要キャスト300名ですからね、あんな人やこんな人が原作を忠実に扮して演じていますので、一見する価値はあると思います。

とりあえず、とうぶっこは「ともだち」だよって感じましたね(意味不明)
[PR]
by toubukko | 2009-09-13 20:53 | 映画

政権の責任

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

どうも、政策集団 刷新です。第45回衆議院選挙後、初めての投稿となります。衆議院では民主党が単独で過半数の議席を獲得する大躍進となりました。
これからの政策遂行を期待するとともに、その政策の中身をしっかり見ていきたいと思います。

まずは、ヤホーで調べてみたんですが、皆さん「子ども手当て」って知ってますか?もちろん「知ってるよ」ですよね。子ども1人あたり月額26,000円を支給するというもので、少子化対策の1つとして、民主党が政権公約に掲げておりました。

もともと民主党は税のあり方について「控除から手当へ」と謳っておりました。所得税の扶養控除や配偶者控除を廃止して手当ての財源に充てるということは、「少子化対策」を重要視すると同時に、税の考え方についても、明確な政策メッセージを有権者に伝えたと好意的に解釈していました。
ところが、「事実上の増税」の批判を恐れてか、公的年金等の控除の拡大や老年者控除(65歳以上)の復活という話が出てきました。これはどういうメッセージなんだろう?
税のあり方「公平・中立・簡素」であるべき…昨今、こうした考え方のもと税体系の見直し検討されてきました。、政策集団 刷新でも「受益と負担が説明できる税体系の構築」を訴えてきました(社会保障充実のための消費税増税など)。今回の公的年金等の控除の拡大等はまさに時代の流れに逆行する政策であると言わざるを得ないと考えます。税制は公平・中立・簡素であるべきです。しかも、財源もないのに簡単に控除を拡大するのはいかがなものかと思います。

そもそも、子ども手当てという目玉公約がきちんと党内で議論されてきたのか疑問です。財源論も含めて多いに議論をしていくべきでしょう。未来の担い手である子どもたちのためになる政策をしっかり築いていただきたいですね。
c0026846_22161047.jpg
↑赤字国債の増発は将来世代にツケをまわすだけです。安易な財政出動は「頭がいた~い」問題になるのです。

政策集団刷新では、女性の社会進出という状況に適応した子育て支援策をお願いしております(前の投稿でも記載しましたが…)
しっかり頼みますちゃ!
[PR]
by toubukko | 2009-09-04 21:05 | 政策集団 刷新

9月になりましたね

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

どうもです。毎度おなじみ「とうぶっこブログ」です。富山もだいぶ涼しくなり、一番過ごしやすい季節になりましたね。カテゴリーを少し整理してみましたので、お知らせします。

さて、今日はこんな話題はいかがお過ごしでしょうか。最近のテレビ番組は不景気なのか、あんまり面白くないですね。

地上デジタルへの完全移行に向けて、とうぶっこもテレビ界にも参入していこうと思います。
c0026846_19124831.jpg
↑とうぶっこが贈る「夢の世界」をご覧ください。

とうぶっこ…そーです壊れてる集団です。
[PR]
by toubukko | 2009-09-01 19:15 | とうぶ