離れて暮らしているみんなの日常を報告!


by toubukko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:政治・経済( 22 )

政権交代続く

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ


こんばんは。久しぶりに政治の話題です。


昨年の夏に総選挙で圧勝した民主党ですが、8ヶ月余りで鳩山政権が崩壊しました。続いて発足したのが菅直人政権です。菅政権は党内人事の影響からか、民主党の支持率が急回復しているようです。


菅総理は財政再建について問題意識を持っておられるので、昨年の選挙でまとめたマニフェストの修正を訴えてほしいと思います。


子供手当1つとっても、子育てに要するコストを社会で負担しようという理念は理解できますが、なぜ所得制限も設定せずばらまくのか、やはりまともな感覚を持っている人は疑問を呈しますね。
そもそも、社会で負担するという発想にも関わらず、家庭に給付するというのも政策としていかがなものか。と、マニフェストの修正についてしっかり検討してほしいものです。

c0026846_16312225.jpg
↑政権のたらいまわしには、うんざりです。
[PR]
by toubukko | 2010-06-13 23:10 | 政治・経済

ギリシャ危機

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ


どうもです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。


リーマンショックから一年半が過ぎ、日本経済もV字回復とまでいかなくても、最悪期は脱したという見方が一般的に言われています。
企業の業績も人件費や設備投資の削減などにより、改善しているようですが、まだまだ本格回復とはなっておりません。

そんな中、欧州発の経済危機により、再び我々のマインドが冷え込むことになりそうです。


ギリシャ発の経済危機が東欧やスペイン、ポルトガルまで拡大すると、たいへんなことになります。欧州各国の協調により危機の拡大は表面上回避しそうです。
[PR]
by toubukko | 2010-05-23 20:09 | 政治・経済

国の借金がいっぱい!

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

国の借金は?
先日新聞各紙で
「財務省が、国債や借入金などを合計した昨年12月末の「国の借金」が、昨年9月末に比べて6兆9878億円多い871兆5104億円となり、過去最高を更新したと発表。総務省の1月1日現在の人口推計(約1億2747万人)で計算すると、国民1人あたりの借金は約684万円となる。」という記事を見て、ますます財政再建が重要だと認識しました。

ここ数十年、景気対策が叫ばれては多額の借金をして各種事業を行ってきたわけですが、その結果我が国の未来は憂慮すべき事態となっております。
資本主義において、脇役であるはずの政府がたいへんな借金を重ねてまで、需給のギャップを埋めなくてはいかないのか甚だ疑問ですが、これがニッポン流資本主義ということなのでしょうか。

右肩上がりの成長が見込まれるのえあれば、国の借金なんて気にしなくてもいいのでしょうが、少子高齢化に向かう我が国にとって「財政再建」は大きな課題です。
c0026846_16964.jpg
↑将来を憂う子どもたちが、被選挙権を乗り越えて議会で物申す日も近い?

いくら個人資産があって、国債の需要があるといっても、少子高齢化という人口構造の変化ということを考えれば、将来に不安をもってしまいます。デフォルトのようなことは起こらないにしても、将来に不安を感じ、消費が低迷するという今日の状況はここ10年は続くのでしょう。
c0026846_16315210.jpg
↑将来のことしっかり考えていきたいですね。とうぶっこ的に…
[PR]
by toubukko | 2010-02-13 16:32 | 政治・経済

政権交代

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!
このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
政策集団 刷新もよろしくお願いします。

日本で初めての本格的な政権交代が実現しました。
民主党を中心とする鳩山政権が本日誕生しましたね。
c0026846_1544084.jpg
↑こちらもスタートダッシュ!ゆけ!とうぶっこブログ
まぁ、今の日本が直面する課題はいろいろありますが、この国の経済成長について多いに語っていただきたいと思いますね。
民主党は政権公約の中でも「内需の拡大」を訴えていましたが、資源もエネルギーもない我が国が、外需依存から脱却するのは並大抵のことではないでしょう。戦後の高度経済成長を支えてきたのは勤勉な日本人が創造する技術ですからね。最近はその人材にもほころびが出てきてるのかもしれまんがね。
内需の拡大が叫ばれて久しいですが、限られた政策資源をどこに集中させるのかしっかり考えていかないといけませんね。まぁ、今回は政権が交代したのですから、新しい切り口で成長戦略を語ってもらうことを期待したいと思います。

世界が一変したリーマンブラザーズの破綻から1年…
アメリカでも共和党から民主党へ政権交代しましたが、オバマ政権の下でもなかなか金融部門での規制改革が進展していないようです。あれだけ苦い経験をしたというのに…
政権批判というのは誰でもできますが、実際に制度を創造していくというこは実にたいへんなことかと痛感させられます。
とにもかくにも、国民が選択した新しい政権の行く末を見守っていきましょう。
[PR]
by toubukko | 2009-09-16 14:37 | 政治・経済

僕たち

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!


6月はついつい投稿が粗雑になりがちなので、こんな投票機能を設定してみました。富山に密着した「とうぶっこ」と共に考えてみましょうかね。

日曜の朝、皆さんいかがお過ごしでしょうか?北陸も梅雨入りしたそうですが、平年よりも降水量が少なく、いまいち実感がないですね。ちなみに、お隣の石川県では「おたまじゃくし」が空から降ってきたそうですよ。世にも奇妙な物語~おたまじゃくしの降る街を~う~ん謎だ。

先週は株価が1万円台に迫る勢いまで回復し、最近では、「景気の底を脱した」という見方が広がりつつあります。まぁ、一般的な見方には、日本経済は輸出産業一辺倒…王貞治さんもビックリの「外需一本足打法」(自分でも理解不能)なので、景気の良し悪しは円が高いか安いか…これに尽きるかなと思いますね。
それはそうと、イタリアでG8(日米欧など主要8カ国)財務相会合が行われており、「財政健全化に向けた出口戦略」について議論が交わされております。世界的な需要の減速に対応するため、日本をはじめ各国で財政出動が行われましたが、経済の安定の兆候がみえてきたことから、財政健全化にシフトしていこうというものですね。
我が国でも、景気対策の名のもと大盤振る舞いの財政出動が行われましたが、財政健全化に向けた議論を行っていかなければなりません。
c0026846_11272157.gif
↑定額給付金で実現した「nagaemanスタイル」(イメージ)

21年度当初予算をみてみると、歳出総額885,480億円、内訳は国債費202,437億円、地方交付税等165,733億円、一般歳出が517,310億円となっております。歳出の財源を見てみますと、税収が461,030億円で、公債金が332,940億円となっております。平成21年度予算フレームいろんな見方があってしかるべきですが、今日の財政が健全な姿には映りませんね。

民間会社であれば、売り上げを増やすか(≒増税)、リストラ(≒歳出削減)するしかないのですが、どちらも棘の道ですね。しかしながら、このままでは明らかに将来の世代に負担のツケを背負わせる結果になってしまいます。政治の役割は高度経済成長期には「利益の分配」だったのが、少子高齢化が信じられないスピードで進むなか、「痛みの分配」という厄介な議論も堂々と行っていかなければいけません。年金などの社会保障をはじめ多くの政策は「人口が右肩上がりで増えいていく」ことを前提にたって制度設計されておりますから、そもそもうまくいくはずがありません。
少子高齢化…これはもう避けることができないわけですから、しっかりこれを受け止めて、新しい時代にあった制度設計を急がねばならないと思いますよ。このためには、僕たち自身も「少子高齢化の時代にあった」価値観へのチェンジが求められるのかもしれません。

c0026846_13221344.jpg
↑価値観チェンジ!
とうぶっこは今日もわが道をゆく。
いや、はい。
[PR]
by toubukko | 2009-06-14 12:17 | 政治・経済

経済危機を乗り越えろ!

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!

ETCです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?それにしても、日中は暑い日が続きます。今年も猛暑となるのでしょうかね。
そういえば、サッカー日本代表、見事ワールドカップ出場決めたそうですね。来年は4年に1度のワールドカップイヤーですから、このブログでも取り上げていきたいと思います。よろしくお願いします。

それにしても、アメリカ発の金融危機はとどまることを知りません。
アメリカ自動車メーカーGMが破綻したニュースは衝撃的ですが、日本の自動車メーカーにとって決して対岸の火事ではりませんね。日本政府も次々と対策を講じておりますが、その政策効果に対して疑問に思っている有権者も多いんでしょうね。
まぁ、ただ「お上!お上!」と政府を頼っていても、決して状況は好転しないわけで、市場のプレーヤーは常に国民にあるものと自覚することは大切なことですね。
そこで、とうぶっこ発経済危機対策を考えてみましたので、ご紹介したいと思います。
まずは、総額146,987億円の政府の今回の経済危機対策(平成21年度補正予算)を見てみますと、①雇用対策に12,698億円(以下単位省略) ②金融対策29,659 ③低炭素革命15,755 ④健康長寿・子育て20,221 ⑤底力発揮・21世紀型インフラ整備25,775 ⑥地域活性化等1,981 ⑦安全・安心確保等17,089 ⑧地方公共団体への配慮23,790 というメニューとなっております。概要版(財務省HPより)

とうぶっこの雇用対策…nagaeタウンのごろつきを一掃すべく、「nagaeman狩り」専用ハンターを結成し、雇用創出につなげます。
c0026846_19532613.jpg
↑治安の回復にもつながるからよかです(イメージ)

とうぶっこ底力発揮…とうぶっこ流農林漁業の底力発揮はこれだ↓
c0026846_2005468.jpg
日本の農業はとうぶっこが救うのだ。

しかしながらおよそこのような方法ではダメでしょう。でもね
c0026846_22171424.jpg
わけわからん!
[PR]
by toubukko | 2009-06-07 20:01 | 政治・経済

減税メニュー

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!

お久しぶりでございます。いがです。富山も春一色ですね。滑川のホタルイカ観光、立山雪の大谷、チューリップフェアなど富山県春満開でございます。
今日の投稿が350回目の投稿となりました。今年はとにかく「とうぶっこブログ」5年目突入のメモリアルイヤーですから、積極的に投稿していきたいなと考えております。
c0026846_21204012.jpg
↑やったぜ!350回投稿メモリアルの記念行事

高速道路料金の値下げ、定額給付金の支給など政府は矢継ぎ早に景気の下支え策を実行に移しています。景気への影響、政策効果はも~少し長い目で見ていく必要がありますが、減税メニューの目白押しといった感じですね。

法人税関連では、中小企業への軽減税率適用、省エネ設備を一度に減価償却できる制度改正、海外子会社からの配当を非課税にする措置。証券税制では、株式や投資信託の売買益、配当にかかる税率の優遇措置を継続、確定拠出年金の優遇税制を拡充。住宅関連では、住宅ローン減税は最大減税額が増額、高品質で寿命が長い「長期優良住宅」への優遇策が新設。
株式投資、住宅建築へのてこ入れ、企業の設備投資の促進などいろいろな政策誘導が期待されるわけですが、我々の世代で一番考えさせられるのは「エコカー減税」でしょうね。

自動車各社がこの春からCMなどで積極的にアピールしている「エコカー減税」。具体的には車を取得したときにかかる自動車取得税と新車登録時と車検の際に課税される自動車重量税に対し、減免措置を設けるというものです。トヨタのCMでは車によってはアイスキャンディー何千本も買えるほどの減税額があるそうです。

減免措置のねらいとしては、景気の急減速により冷え込んだ自動車販売の回復はもちろんですが、環境性能の優れた自動車を社会に普及させるという目的もあるんですね。
100%減税対象となるのは、電気自動車、ハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車が連ねます。最近では、ホンダの「インサイト」が180万円台の価格になるなど、エコカーもようやく一般的なものになりつつあるなぁ、今後爆発的に普及していく兆しが見えてきたなぁという感じですよね。

まぁ、これからの世の中燃費を改善し排ガスを抑制した車というのは地球温暖化防止策の観点からも、普及させていかなければ生きる道がありません。単なる業界の業績回復を目的にしたものに終わらないための、体系的な普及策が求められますね。

政府はさらに追加経済対策で、登録から13年を超えた車を廃棄し、低公害車や燃費を向上させた車へ買い替える際の補助制度が設けられるようです。廃車にしない場合や新車購入にも適用されることもあるので、車を買い替えるとうぶっこ諸君はよ~く情報収集してください。

あ、追加経済対策は補正予算の成立が前提となりますが、買い控えを招かないよう経済対策を発表した今月中旬までさかのぼって適用されますので、購入手続きはお早めにね。
c0026846_21253611.jpg
↑予算関連法案の成立が遅れてもイライラしなでね(イメージ)

将来世代のためにも「エコ社会」を後押ししていければいいですね。
いや、はい。
[PR]
by toubukko | 2009-04-19 19:43 | 政治・経済

定額給付金

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!

さえきさんのおっしゃるとおり、富山は連日暖かい日が続いております。雪も降らず、今年のETCの冬の活動も休止状態になっており、残念な限りです。まぁ、暖冬にはゴルフでしょうかね。石川遼選手に触発され、我々とうぶっこもいよいよコースデビューいたしましょう。

さて、今日のテーマは定額給付金ですね。政府の総額75兆円の経済対策のひとつで、今なお国会で審議され、いったい我々の手元に届くのがいつになるのやら…ですね。赤字国債は発行せずにということですが、財政投融資特会の準備金を取り崩すことで、財源を確保し、全国民に給付するという政策ですが、すこぶる評判が悪いですね。

給付の窓口業務を担う市町村もたいへんなようです。⇒定額給付金は?

一連の経済対策には、需給ギャップの解消、生活対策などいろいろな効果が期待されるわけですが、実効性を疑問視する論調が多いようですね。
しかしながら、日本経済の先行きは不透明であり、このような状況の中で、給付金が支給されると、案外心にしみると思います。

そこで考えてみたいのは、ETC的定額給付金の使い方案ですね。
まず、整理しておきますと、我々はアラサーのおっさんですから支給される金額は12,000円(円天じゃないよね004.gif)ということであります。

①nagaeタウンの振興のために使う。
我らとうぶっこが住むnagaeタウンの振興のためにお金を充てるんですね。我々の地域に必要なことを自ら考えて具現化していくことは意義深いですね。地域のために私たち一人一人ができること考えてみませんか?
c0026846_18171410.jpg
↑まちの景観を守る住民の取り組み(イメージ)

②とうぶっこの輪を国際貢献のために使う。
とうぶっこはnagaeタウンにとどまらず、グローバルな視点で国際貢献のためにお金を充てるんですね。世界がよりよくなるために私たち一人一人ができること考えてみませんか?
c0026846_18592213.jpg
↑海外ボランティアで「日本の文化」を教える取組み(イメージ)

③自己啓発のために使う。
いろいろな使い道はあるけれど、自分のためにお金を充てるのもいいんじゃないですかね。自分を磨くために様々なことに挑戦すること考えてみませんか?
c0026846_1975095.jpg
↑僕の自己啓発のための取組み(イメージ)

ETCの使い道は決まったぜ!
あとは支給される日を首を長くして待つだけです。
[PR]
by toubukko | 2009-02-15 18:18 | 政治・経済

日本の未来

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!

どうも、いがであります。お久しぶりでございます。12月1回目の投稿ということではりきっていきたいなぁと思っています。富山では昨日雪が降りましたね。しんしんと降っておりましたが、今日は青空が広がるよい天気でしたね。立山を眺めるときれいでしたよ。青い空冠雪の白がくっきりとね。写真を撮ってアップしようと目論んでいたのですが、忘れてしまいましたね。
かたじけない。とにもかくにも、このブログのテーマは「ふるさとを感じる とやまの風景」ですから、しっかり実践していかないといけないなぁと思っております。

 ETCも年末の忘年会(年を忘れるというよりは、この会じたいを忘れたい事象もおこります)、ウィンタースポーツ活動を展開し、盛り上がっていきたいですね。
 忘れちゃいけないのが年末の恒例の「裏番組をぶっ飛ばせ!とうぶっこ紅白歌合戦」です。
c0026846_17105365.jpg
↑とうぶっこ紅白歌合戦に初出場の方々(イメージ)

 そして、とうぶっこブログ恒例の「回顧シリーズ」を今年も投稿したいと思いますので、お楽しみに。
 しかしながら、日本経済はひとつも盛り上がっていないですよ。クリスマス、お歳暮など商戦が続くわけですが、景気のよい話はないものかと思いますよね。
 戦後最長の好景気といわれたのも今は昔、いわゆるリーマンショックで、アメリカ経済が減速すると瞬く間に不況の波が日本経済を襲っておりますね。
派遣労働者の解雇や内定の取り消しなど雇用情勢は日に日に悪化しております。やはり、働きたい人が働けないというのは、あってはならないことですよ。何よりも優先して取り組まなければいけない課題ですよ。

 ただね。
 景気には波がありますから、とにもかくにも今は辛抱するしかないわけです。ただ、これだけ経済活動が鈍化すると、CO2の排出量が減るなど環境にとってはよいこともありますよ。
モノが売れないということは、不必要なものを買わない、既存のものを大事に使う(修理して使う)ということでしょうから、当たり前のことなんですよね。
 私なんかは、鼻をかんだティッシュを乾かして、もう一度使用してリサイクルに努めてますよ。


 大量生産ー大量消費の時代が終わって久しいと言われますが、日本経済の礎というのは、まだ大量消費を前提になっているのかなと思ったりします。世界に誇れるモノづくり技術があるわけですから、研究開発、教育訓練、投資…など付加価値のあるモノづくりを目指して、企業が積極的に取り組める環境づくりを早急に整備しないといけませんね。まぁ、口でいうのは簡単ですが…。ただ、そうしないと景気の上昇局面に生じるであろう、国際競争に日本は太刀打ちできなくなります。
 政府はムダな事業(国民のためにならない仕事はしなくていいですよ)を徹底的に廃止し、歳出削減に向けてメッセージを出すべきです。ところが、政治家は「歳出圧力」の大合唱でしょ。本当に将来の日本の発展につながる歳出なんでしょうかね。

とにかく、痛み(増税、社会保障の抑制)を先送りし、将来世代に多額の借金を負わせる。こんなことは、畜生がやることです。
私達は次の世代に後ろ指をさされるような行為だけは厳に慎むべきです。

ということで、nagaeman的行動を年の瀬に向けて見直します。
いや、はい。 
[PR]
by toubukko | 2008-12-07 17:59 | 政治・経済

成長戦略とは?

きんまホール!
人気blogランキングへ)このブログは皆様のクリック(リンク部分)によって成り立ってます。心あるかたはご協力ください。とうぶっこの現在のランキングをチェックしましょう。インターネット検索→とうぶっこブログ
とうぶっこブログよろしく! 皆さんもとうぶっこになろう!

どうも僕です。富山駅北にはイルミネーションが点灯するなど、秋から冬への移ろいを肌で感じる今日この頃…皆さんいかがお過ごしでしょうか?元気ハツラツでいきたいものですね。
今週の週半ばから気温がぐっと下がるようですから、風邪などひかないよう、うがい・手洗いをしっかりしましょう。
c0026846_1844569.jpg
↑うがいをするとうぶっこ(イメージ)

やはり、健康であることはすばらしい!インフルエンザにも注意しなきゃいかんね。

それにしても、早いもので2008年ももう残すところあと1月余なんですね。アメリカ発の金融ショックによって、世界中で景気が減速するなど非常事態が起こっております。「モノづくり」に優れた日本は輸出でもっている…なんてよく言われますが、まぁ、そのとおりなんだと思われますよね。北米向けの輸出の激減が企業収益が著しく悪化させ、株価も著しく値を下げる。アメリカが風邪をひけば、日本はさらに風邪をこじらせる…といったところでしょうか。
産業構造の転換というのはたいへんなことでありますが、再び世界の景気が活況してきたときに、厳しい競争に耐えうるだけの土台つくりを、まさに今この瞬間取り組む必要がありますね。日本の強みになる部分にいかに付加価値を高め、競争に勝ち抜いていくか…非常に難しいことですが、政府は先を見据えて成長戦略を描き、その戦略に向けて具体的に取り組みはじめなければいけないですね。
定額減税、給付金など景気対策にもほとんど効果がない(と言われている)、もっとも、政策として体をなしていないこのようなモノを議論しても、およそ意味がないでしょう。

政治家は成長戦略の青写真、安心できる社会保障政策を早急に打ち出し、将来に希望が抱ける社会の実現に努めるべきだし、我々もしっかりその戦略と実行力を見極めないといけません。
そして痛みに耐えてがんばるのです。

ちなみに、とうぶっこは常にノープランなので、体たらくそのものですが、我々は「テキトー」が身上ですから、いや、はい。
[PR]
by toubukko | 2008-11-16 19:06 | 政治・経済