離れて暮らしているみんなの日常を報告!


by toubukko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006年 06月 30日 ( 1 )

c0026846_22441828.gif
↑どうも僕です。今月は仕事がたいへんでしたが、ここにきて余裕がでてきました。そして、ボーナスが待っております。この調子で物事が進めばいいのですが…

 昨日は、しっかり定時に帰宅し、2006セントラルリーグ公式戦 阪神VS広島戦を観戦してきました。もちろん、富山市民球場アルペンスタジアムですね。私が球場に到着したころには、もう2回の表ぐらいでしたが、内野指定席、バックネット裏(中段ぐらいだったので、写真撮影は困難でした゜。(⊃Д`。)゜。)で観戦です。本当は選手の練習を見たかったので、開場と同時に行きたかったのですが、やむなし… その分ゲームに集中です!
 それにしても、広島の主催試合なのに、球場のほとんどは阪神ファンであふれておりました。バックネット裏で観戦している私(=永世中立国スイス)の周りもほとんど阪神ファン・ラッキーセブンはもちろん六甲おろし♪です。富山は地理的に阪神、中日ファンが多いようですね。
 
 広島先発・大竹(エース黒田に続く先発の柱)、阪神先発ダーウィン(ホールド。JFKの穴をうめる)。1、2回はともに無得点。均衡の口火を切ったのは、金本(アニキです。フルイニング出場の記録はすばらしいですね)の本塁打です。前回の打席で凡退しているだけに、責任感の強いアニキはしっかり仕事をしてくれます。広島は5回(強肩を生かし、今やレギュラー。捕手)のホームランで同点(ダーウィンの失投ですね…)。広島は前田(実力派。頼れるベテラン)などの出塁で再三得点のチャンスがありましたが、拙攻が目立ちました。要所で江草(中継に欠かせない左腕)、安藤(先発もこなすぞ。ちなみに大学の先輩にあたります)が抑えておりました(>c_<汗)
 延長戦に突入するかと思われた9回鳥谷(成長著しい遊撃手)の本塁打で勝ち越し、最後は藤川(ご存知JFKの中核)がしっかり締めました。阪神の勝利です。
 今岡(昨季セリーグ打点王)は故障で離脱していますが、アニキのホームランと藤川を見られれば、阪神を十分満喫したなと思いますよ。広島も前田、新井(昨季セリーグホームラン王)、(ご存知赤ゴジラ)、緒方(打撃のしぶとさはいまだ健在。代打で登場)、富山出身の浅井(左の代打の切り札)を見れば、満足ですよ。
浅井は9回1死から代打で登場しました。あたりはよかったのですが、セカンド正面でゲームセット!

 まぁ、長々と書いておりますが、試合を見て感じたことは阪神の強さは1,2番コンビにありということです。赤星(盗塁王兼選手会長)、藤本(二塁定位置ですね)のボールの見極めがすごい、追い込まれても、ファールで粘る粘る…。低迷巨人の試合を見ているから、余計に印象に残ったのかな。
 そして、最大ハプニング金本アニキのファールボールが私の斜め前に直撃、捕球…
c0026846_0235785.jpg
(私も)
いや、はい。
[PR]
by toubukko | 2006-06-30 00:26 | いが